脱毛ラボホームエディションの効果や口コミは?実際に使用して検証しました

脱毛ラボホームエディションの効果や口コミは?実際に使用して検証しました

人気脱毛サロンの脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器、脱毛ラボホームエディション
口コミでじわじわと人気が高まっている、光脱毛の家庭用脱毛器です。

しかし実際に脱毛ラボホームエディションを購入してから「うまく使えなかった」「効果がなかった」「続けられなかった」となってしまうのは避けたいですよね。

そこで今回は実際に脱毛ラボホームエディションを使用し、本当に家で簡単に全身脱毛が出来るのかレビューしました!

脱毛ラボホームエディションはどんな脱毛器?

では実際に脱毛ラボホームエディションを使用してみる前に、そもそも「脱毛ラボホームエディション」とはどんな脱毛器なのか知っておきましょう。

脱毛ラボホームエディションの主な特徴には次の4つが挙げられます。

脱毛ラボホームエディション
  • サロン級の業務用パワー
  • 全身脱毛300回分の照射が出来る
  • 冷却装置搭載で痛みが少ない
  • 15分で全身脱毛が出来る

それでは上記の特徴について、脱毛ラボホームエディションのユーザーの口コミも交えながら順に解説します。

脱毛サロンと同じ業務用パワーを搭載

「脱毛ラボホームエディション」は全身脱毛で人気のサロンである「脱毛ラボ」が開発した家庭用脱毛器です。

脱毛ラボホームエディション画像引用:脱毛ラボ公式

「脱毛ラボ」は全身脱毛が最短6ヵ月で完了することで人気の脱毛サロンです。

脱毛ラボホームエディションはそんな脱毛ラボと同じ照射パワーを搭載した脱毛器なので、パワー面で見れば脱毛サロン並の効果が充分に期待できそうですね。

購入して3週間がたち、妻が使用した結果、足の毛が生えて来ないと言っていたので満足です。引用:楽天市場

上記のような口コミによると、足などの効果の現れやすい部位では、3週間程度で毛が生えにくくなったと実感している人もいるようです。

1台で全身脱毛を300回分照射できる

脱毛ラボホームエディションは使い切りの脱毛器ですが、1台で30万発分の照射が可能となっています。
全身脱毛1回分に必要な照射回数はおよそ600~1000ショットと言われています。つまり1台で全身脱毛を300回施術できる計算になります。

照射可能
回数
全身脱毛1回に
必要な照射回数
施術可能
回数
30万発約1000発全身脱毛
300回

一般的にサロン脱毛で脱毛完了するまでに必要な施術回数は18回程度と言われているので、施術300回分が照射可能というのは充分すぎる数字ですね。

なので一人だけで使用するのではなく、脱毛ラボホームエディションは家族や友人でシェアして使うという人も多いようです。
脱毛ラボホームエディションは顔脱毛にも使用できるので、ヒゲを脱毛したい男性とのシェアもありです。

操作方法はすごく簡単で続けられそうです。色黒の方ですがレベル5でも全く痛くありません。今後の効果に期待です!旦那と共に使っていきたいと思います。

このように旦那さん娘さんなど、家族でシェアして使うという口コミが脱毛ラボホームエディションには多数ありました。

残り回数表示
脱毛ラボホームエディションは上記画像のように残り照射数が表示されるので、複数人でも計画的に脱毛することができます。

冷却装置搭載で痛みが少ない

脱毛ラボホームエディションの大きな特徴は、痛みが少ないという点にあります。

脱毛時の痛みの原因は照射の熱によるものです。
しかし脱毛ラボホームエディションには照射と同時に冷却するクーリング機能が備わっているので、熱による痛みが大幅に軽減されています。

冷却装置あり画像引用:脱毛ラボ公式

家庭用脱毛器は普通、自分で保冷剤を当てたり、冷却ジェルを塗ったりしなければいけない手間があるのですが、クーリング機能のある脱毛ラボホームエディションなら冷却ジェルを塗る必要もなく、照射後に自分で肌を冷やす必要もありません。

レベルを強くして腕に当てても痛くないです。クーリング機能もあるし、重くないし、使いやすいです。

このように口コミでも「使いやすい」と評判のようです。

面倒がなく手軽に使用できるので、脱毛ラボホームエディションは家庭用脱毛器の初心者さんでも安心して楽に使用できます。
冷却ジェルを別途購入する必要がないので、脱毛ラボホームエディションはコスパも良いですね。

15分で全身脱毛できて時短になる

脱毛ラボホームエディションには連続照射モードが搭載されているので、一回一回ボタンを押す必要がなく、全身の照射をたったの15分で出来ると言われています。

脱毛サロンに通うにはどうしても出掛ける時間と手間が必要ですが、自宅でたったの15分で済むのならものすごい時短ですね。

某脱毛サロンにかよっていたけど、予約がなかなか取れず思うように脱毛が進まない為購入しました。冷却効果もあってか、ほんのり温かいくらいで、手軽に出来るのがいい!

この口コミの方のようにサロンに思うように通えず脱毛を途中でやめてしまった人にも脱毛ラボホームエディションはピッタリかもしれません。

\週に2回、自宅でたったの15分/脱毛ラボホームエディション
公式サイトはコチラ

脱毛ラボホームエディションにかかる費用は?

簡単に自宅で脱毛できてしまう脱毛ラボホームエディションですが、お値段はいくらなのでしょうか?

いくら時短ができると言っても、費用がかかりすぎると困ってしまいますよね。
脱毛ラボホームエディションのコスパはどうなのか、料金面についても調べました!

カートリッジ交換不要なので追加費用はゼロ

他のカートリッジ式の家庭用脱毛器だと、カートリッジをの購入・交換が必要になります。

脱毛ラボホームエディションは一度本体を購入してしまえばすでに300万発分が搭載されていて、カートリッジなどの購入・交換は不要です。

また先にご紹介した通りクーリング機能搭載なので、保冷剤や冷却ジェルを購入する必要もありません。
脱毛ラボホームエディションは充電式の機械のため、必要なのは充電するための電気代くらいです。

月々2,708円で全身脱毛ができる

脱毛ラボホームエディションの本体価格は64,980円です。24回の分割払いにすると月々たったの2,708円で購入できます。

本体価格分割払い
64,980円月々2,708円

また脱毛ラボホームエディションの公式サイトからの購入ならクレジットカードなどのキャッシュレス決済で5,000円OFFになります。

64,980円⇒59,980円6万円を切ってしまうお買い得価格です。

\今なら59,980円/脱毛ラボホームエディション
公式サイトをチェック!

脱毛ラボホームエディションを実際に使ってみました

しかし脱毛ラボホームエディションは「たったの15分で全身脱毛」が出来るなんて本当なのでしょうか?
「痛みが少なく使いやすい」という口コミも、本当なのか気になりますね。

脱毛ラボホームエディションの口コミは真実なのか、実際に使ってみて検証しました!

さっそくパッケージを開封

脱毛ラボホームエディションの外箱
脱毛ラボホームエディションの外箱はこんな感じです。それほど大きくもなく、持ってみるとものすごく軽くて驚きました。

外箱の裏
箱の裏面にも脱毛ラボホームエディションの照射パワーや照射回数についての記載がありますね。

脱毛ラボホームエディションの内容
箱の中には「本体」「充電ケーブル」「専用ゴーグル」「取扱説明書」が入っています。

この専用ゴーグルですが、ダサくてつけるのが嫌だという人は手持ちのサングラスでも代用できますよ!

まずは使用法を確認

まずは取扱説明書で、脱毛ラボホームエディションの使用方法を確認しておきましょう。

大まかな使用の流れは以下の通りです。

  1. 充電ケーブルを差し、パワーボタンを長押しで電源を入れる。
  2. パワーボタンをカチカチ押して照射パワーを決める。
  3. 照射したい部位に照射面を当てて、ショットボタンを押す。
  4. 連続照射モードにしたい場合は、ショットボタンを長押し。
  5. 連続照射モードの場合は、照射面を肌に当てるだけで照射される。

脱毛ラボホームエディションの照射パワーはレベル1~5まで選択できますが、特に日焼けしている人でなければレベル5で照射しても痛くないです。

ただ肌の色が濃いと光がメラニン色素に過剰に反応し、痛いと感じることもあるので、少し照射レベルを下げてみましょう。

肌の色ごとの推奨照射レベルは、脱毛ラボホームエディションの本体の後ろに下記画像のように表示されていました。

照射レベル表

また脱毛ラボホームエディションの照射面を肌に当てるときの注意なのですが、しっかりと直角に当てるようにしないと機械が反応しません。
脱毛ラボホームエディションの取扱説明書による図解がこちらです。

脱毛ラボホームエディションの説明書
このように照射面がしっかり肌に当たっていれば機械が反応し、ピッと光って照射されます。

いよいよ実際に照射

脱毛ラボホームエディションの本体
脱毛ラボホームエディションの本体に充電ケーブルを繋いで使用します。
実際に手に取ってみると、片手で軽く持って使うことができるサイズ感でした。
脱毛ラボホームエディションの重さはスマホより少し重い程度です。

脱毛ラボホームエディションの照射レベル
照射レベルは5で当ててみました。
図の四角く囲った部分が照射レベルを示すマークで、最初は円が欠けているのですがレベルが上がるごとに円に近付き、レベル5だと完全な円になります。

脱毛ラボホームエディションの照射面をしっかり肌に当てて、ショットボタンを押します。

脱毛ラボホームエディションの照射の光
ものすごく光っている瞬間が撮れてしまったのですが、カメラのレンズを通して見るのと人間の目で見るのとは光の量が違うようで、実際にはここまで眩しくありません。

とはいえ一瞬ピカッと光るので、専用ゴーグルなどでしっかり目を保護しておきましょう!

脱毛ラボホームエディションを使用した結果

脱毛ラボホームエディションを使った結果、痛みはほとんどなく、使い方も非常に簡単で、私のような家庭用脱毛器の初心者でも無理なく使用できました。

実際に脱毛ラボホームエディションを使ってみて、良いと感じた点も悪いと感じた点も順番にご紹介します。

本当に痛みが少ない!顔もワキもVIOも問題なし

今回はMAXレベルのレベル5で照射しましたが、痛みを感じやすいワキやVIOなどの部位でも特に痛みは感じませんでした。

口コミでも「あまり痛みを感じない」「少し熱く感じる程度」といった口コミが、脱毛ラボホームエディションはほとんどのようです。

VIO処理のため購入。確かに痛くはない、ちょっと熱いかな!?くらい引用:楽天市場

脱毛ラボホームエディションのクーリング機能が寒く感じるかもしれないと思っていましたが、寒さを感じることもありませんでした。冷却ジェルや照射後の冷やしが必要ない脱毛は寒くなくて快適ですね。

ただ照射後は肌がものすごく乾燥しました!目に見えて乾燥しているなと分かるほどだったので、慌てて手持ちのボディクリームで保湿しました。

脱毛サロンではサロンのスタッフが保湿してくれますが、脱毛ラボホームエディションのような家庭用脱毛器でセルフ脱毛する場合は、照射後の保湿ケアを自分でしっかり行なう必要があります。

慣れれば確かに15分で終わる

今回は脱毛ラボホームエディションを使用するのは初めてということもあり、照射後の保湿ケアなども含めると結局30分くらいかかりました。

ただ脱毛ラボホームエディションの「連続照射モード」は、ピッ、ピッ、ピッ、と順番に肌に照射面を押し当てていくだけなので、慣れれば15分で終わるかもしれません。

脱毛ラボホームエディションのお手入れの間隔ですが、取扱説明書には「週に2回」の照射が推奨されていました。

照射間隔

上記画像は取扱説明書の該当箇所です。実際に使用する前に、脱毛ラボホームエディションの取扱説明書の中身はしっかり読んでおきましょう!

背中の脱毛は自分ではできない

腕が思うように伸ばせず、背中だけ自分で当てることができませんでした。

私のように上手に背中を当てられない人は家族に手伝ってもらうか、背中だけは脱毛サロンで脱毛すると良いでしょう。
たとえば脱毛ラボの単発の部分脱毛であれば、Lパーツは1回4,000円で受けられます。

脱毛ラボLパーツ

脱毛ラボホームエディションでの脱毛と並行して、自分ではできない部分だけ単発で脱毛サロンに行くというのもありです。

ただ器用な人は合わせ鏡で背中をチェックして、自分ひとりで脱毛器を当てられるという人もいます!

脱毛に時間もお金もかけたくない人にオススメ

実際に脱毛ラボホームエディションを使ってみた結果、以下に当てはまる人には非常にオススメできると思いました。

脱毛ラボホームエディションはこんな人にオススメ
  1. 脱毛サロンに通うのが面倒になって脱毛をやめてしまった人
  2. 他の家庭用脱毛器では痛くて続けられなかった人
  3. 全身脱毛をしたいけれど月に3,000円以上はお金をかけたくない人

もちろん脱毛をしたことがない初心者の人にも、脱毛ラボホームエディションは使い方がとっても簡単なのでオススメできます!

お金をかけずにラクして脱毛したい人は、ぜひ脱毛ラボホームエディションにチャレンジしてみてください。

\週に2回、自宅でたったの15分/脱毛ラボホームエディション
公式サイトはコチラ

脱毛コラム へ戻る