エピレの解約まとめ。解約の流れから返金まで説明します。

エピレの解約まとめ。解約の流れから返金まで説明します。

「エピレで脱毛を始めたのはいいものの、仕事が忙しくて時間の余裕がない」

「引っ越しの都合で通えなくなりそう」

など、解約しなくてはいけなくなってしまうこともありますよね。

この記事ではエピレの解約について、わかりにくい点まで詳しく調べてまとめました。

返金してもらえる契約期限は4年間

エピレの解約は、契約してから4年以内に!

エピレの脱毛コースの有効期限は、基本的に4年間です。

この有効期限というのは、脱毛のサービスが受けられて、解約したときに返金してもらえる期間のことです。

契約してから4年が過ぎていたら、返金してもらえなくなってしまうので要注意です。

通えなくなることが判明したら、なるべく早めに解約手続きを済ませましょう。

ファーストプランの返金期限は1年間です
ただし脱毛のサービスは1年を過ぎても無期限で受けられるので安心ですね!

エピレの解約手順3ステップ

エピレの解約は3ステップ

解約は、以下の3ステップだけです。

エピレではサロンまで行かずに、解約を完了させることが可能です。

そのため引っ越しの都合で解約する場合も、転居が終わって落ち着いてから手続きをするということもできます!

エピレの解約手順

  1. インフォメーションセンターに連絡
  2. 郵送されてきた書類に記入
  3. 書類を投函する

エピレの解約に必要なもの

エピレの解約に必要なもの

解約をする際に必要になるのは、以下のものです。

  • 契約時に使用した印鑑
  • 返金してほしい銀行口座の口座番号
  • 脱毛の契約書
  • (クレジットカードで支払った場合)カード情報

解約書は自宅に郵送されてきますが、届く前に用意しておくと記入もスムーズにできます!

1.インフォメーションセンターに連絡

エピレの解約、まずはエピレに電話して解約したいことを伝える

まずはエピレのインフォメーションセンターに、電話します。

エピレ解約窓口

TEL:0120-531-065
オペレーター受付:平日10:00~18:00
(オペレーター受付時間外も、留守番電話による受付は可能)

同封が必要な書類などについては、ここでよく確認をしておくと安心です。

解約したい旨を告げると、解約のための書類が自宅に郵送されてきます。

2.郵送されてきた書類に記入

エピレに解約の電話をかけると、自宅に解約書類が

書類が届いたら中を確認し、必要事項を記入します。

解約のための書類には、返金してほしい銀行口座を記入する欄もあります。

事前に口座番号を確認しておくと便利ですね。

3.書類を投函する

エピレの解約書類は簡易書留で返送

記入した書類を封筒に入れ、投函します。

このとき「きちんと届いているか心配になる」「いつ届くのか知りたい」という方は、郵便局の簡易書留で発するのがオススメです。

普通郵便より少しお高めですが、簡易書留で発送すれば郵便物がいつどこにあるのかをネットから確認することができます。

エピレの解約に関するQ&A

返金はいつごろしてもらえる?

エピレを解約したら、2~3週間後に銀行口座に入金

返金は解約書類がエピレに到着したあと、2~3週間の間に書類に記入した銀行口座に振り込まれます。

いままで支払った金額から、施術を受けた回数分の料金を差し引いた分が返金額です。

もし1ヶ月以上経っても返金がされていなかったら、エピレのコールセンター(0120-531-065)に確認してみてください。

違約金・解約手数料はかかるの?

エピレの脱毛を中途解約すると、返金額の10%が解約手数料

エピレでは中途解約の場合でも、違約金はありません。

しかし返金額の10%が、解約手数料としてかかります。

返金はこの解約手数料を差し引いた額が、銀行口座に振り込まれます。

銀行に振り込まれる金額
返金額解約手数料(返金額×0.1)

つまり返金額が30,000円のとき、解約手数料の3,000円を引いた27,000円が振り込まれます。

解約手数料は2万円が上限額。返金が30万円の場合でも、解約手数料は2万円です。

返金額が20万円以下の場合

VIO・5プラン6回56,100円を、2回施術したところで解約した例で考えます。

このとき返金対象となるのは、余った4回分の料金です。

1回分の料金は、56,100円÷6回=9,350円

返金額は9,350円×4回=37,400円

このときの解約手数料は、37,400円×0.1(10%)=3,740円

返金額から解約手数料を引いたものが、銀行口座に振り込まれます。

この場合の振込額は、
37,400円-3,740円=33,660円です。

返金額が20万円より多い場合

全身トータルプランを12回344,700円で契約し、2回施術したところで解約した例で考えます。

この場合の返金対象は、残りの10回分です

1回分の料金は、344,700円÷12回=28,725円

返金額は、28,725円×10回=287,250円

このときかかる解約手数料は、計算上では287,250円×0.1(10%)=28,725円となります。

しかし解約手数料の上限額は、2万円
この例では返金額の10%が2万円を超えているので、かかる解約手数料は2万円です。

そのため振り込まれる料金は、
287,250円-20,000円=267,250円です。

※振り込み手数料(400円程度)も別途かかります。

クーリングオフは適用される?

エピレの脱毛は、条件を満たせばクーリングオフ可

エピレは、クーリングオフ制度が適用される脱毛サロンです。

なんとなく契約してしまったけれど、やっぱりやめたいというときも以下の条件を満たしていればクーリングオフをすることができます。

クーリングオフをするための条件

  • 契約してから8日以内
  • 契約した金額が5万円以上
  • 契約をした期間が1ヶ月以上

3つの条件すべてが満たされていなければ、中途解約扱いで解約手数料がかかってしまうことになってしまいます。

やめようと思ったときには、早めに連絡することが大事です。

エピレの公式サイトはこちら

エピレで効果を感じられなかったら。

エピレを始めとした脱毛サロンで使われているのは光(フラッシュ)脱毛です。

光脱毛はレーザー脱毛よりもパワーが弱いため、正直なところ人によっては効果が薄くなってしまいます。

「何回も照射してるのに全然効果がわからない」という方は、医療レーザー脱毛へののりかえを検討してみましょう。

エピレ へ戻る