眉毛脱毛(眉下脱毛)の方法は?眉をキレイな形でキープしたい!

眉毛脱毛(眉下脱毛)の方法は?眉をキレイな形でキープしたい!

眉毛は顔の印象を作る最も重要な部位です。

そのためお手入れを頑張っている人も多いと思いますが「眉下や眉周りは、毎回剃るのがメンドクサイ!」と思いませんか?
毎日のお手入れは時間もかかるし、狭い場所なだけあって剃るのも大変です。

今回は眉毛(眉下)の脱毛ができるオススメの脱毛サロン・クリニックを紹介します。
料金や効果、気になる疑問にもお答えしていくので参考にして下さい。

- この記事を監修してくれた先生 -

末原 郁子 先生

末原 郁子 先生

所属:いくこ皮フ科クリニック 院長

順天堂大学医学部卒業
皮膚疾患だけでなく、アンチエイジングなどの美容皮膚の分野にも携わる。
HELENA RUBINSTEIN(ヘレナルビンスタイン)コンサルティングドクターとしても活躍中

詳しいプロフィールをチェック!

フラッシュ脱毛は 眉下の脱毛ができない

脱毛サロン(フラッシュ脱毛)は 眉毛下のみNG!眉上は基本的に脱毛OKの場所が多く、眉下は脱毛サロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)では施術できません。

その理由は下記の2つです。

  1. 照射口が広いため
    →まつ毛や眉毛そのものまで脱毛してしまう危険がある
  2. 医療機関内の脱毛施術ではないため
    →目の周辺で危険、万が一傷つけてしまうとすぐに対応できない

眉下は眼球に近くデリケートな部分です。
そのため医師が駐在していない脱毛サロンでは、基本的に眉下の脱毛は出来ません。

医師がいるクリニックでも、脱毛範囲に含まれていないこともあるので眉下を検討している人は脱毛範囲の確認をしましょう。

眉毛脱毛(眉下脱毛)にオススメな医療レーザー脱毛・サロン

眉毛の脱毛をするなら、眉下もしっかり脱毛したいですよね。

ここでは眉下脱毛ができる数少ないクリニック・脱毛サロンを紹介していきます。

アリシアクリニック|眉下ギリギリまでOK!

アリシアクリニックバナー

アリシアクリニックは眉下も脱毛してくれる数少ない医療脱毛クリニックです。

アリシアクリニックのポイント
  1. クリニックで唯一眉下の脱毛ができる
  2. 照射口の小さい脱毛機で狭い部位もしっかり脱毛できる
  3. 痛みを軽減できる最新の脱毛機を採用

アリシアクリニックでは「ライトシェアデュエット」という最新の脱毛機を使用しています。吸う力&冷やす力で痛みを軽減しながらしっかり脱毛していきます。

照射口が9mm×9mmとかなり小さいので、細かい形のリクエストも可能です。

「痛くないのはもちろん、細かいところまで脱毛したい人」は、アリシアクリニックをぜひチェックして下さい。

最短4ヵ月で脱毛完了
\ 全身脱毛4回 158,400円/
月々3,400円4ヶ月4回
卒業プラン

アリシアクリニックの
公式サイトはこちら

エステティックTBC|眉下の脱毛が可能!お得にニードル脱毛ができる

エステティックTBC

エステティックTBCは脱毛サロンで唯一、ほぼ永久脱毛が目指せるニードル脱毛を採用しています。

エステティックTBCのポイント
  1. 脱毛サロンで効果の高いニードル脱毛ができる
  2. 初回限定!1,000円でニードル脱毛が可能
  3. ほぼ永久脱毛を目指せるのでお手入れがラクになる

現在TBCでは「終わりのある脱毛(スーパー&ライト脱毛1回体験コース)」のキャンペーンを行っています。

通常1本132円~145円かかりますが、キャンペーンで40本1,000円と驚きの安さでニードル脱毛が体験できます。

「1回の脱毛で効果を出したい人」はTBCのニードル脱毛がオススメです。

TBCの終わりのある脱毛
\1回で眉下脱毛が完了/
初回限定!スーパー脱毛40本
1,000円(税込)

エステティックTBCの
公式サイトはこちら

眉下まで眉毛脱毛できるのは医療レーザー脱毛とニードル(針)脱毛

眉上・眉間・眉下オールオッケーな脱毛は医療レーザー脱毛とニードル脱毛

眉脱毛ができるのは医療レーザー脱毛とニードル脱毛の2つです。

  • 医療レーザー脱毛⇒レーザーの光で毛を抜く
  • ニードル脱毛⇒針を毛穴にさして毛を抜く

ここでは医療レーザー脱毛とニードル脱毛の2つの方法を比較していきます。

種類完了までの料金完了までの回数痛み脱毛範囲時間
レーザー脱毛
グッドポイントグッドポイント
《5回》
22,000円~
グッドポイント
5回~8回

マイナスポイント
少し痛い~痛い
グッドポイント
アイホール以外
グッドポイント
5分
ニードル脱毛
グッドポイント
《約200本》
30,000円~
(1本143円~)
グッドポイントグッドポイント
1回~2回
超マイナスポイント
かなり痛い
グッドポイントグッドポイントグッドポイント
目のギリギリまで
マイナスポイント
40分

レーザー脱毛は照射の光で脱毛し、時間もあまりかからず脱毛ができます。

それに対してニードル脱毛は強い痛みをともないますが、一発で毛が抜けてしまう効果の高さがポイントです。
ただし一本一本施術をするため、時間はかかります。
参照:ニードル脱毛とは

2つの脱毛方法の料金・効果・痛み・脱毛範囲を詳しくみていきましょう。

料金で比較|安さで選ぶなら医療レーザー脱毛

料金でメリットが大きいのはレーザー脱毛

  • レーザー脱毛⇒22,000円~36,000円
  • ニードル脱毛⇒30,000円~(※1本143円、約200本で換算)

眉毛まわりが濃く決まった回数・金額でスッキリさせたい人は、レーザー脱毛がオススメです。

ニードル脱毛は1本ごとに料金が決まっているので、抜きたい毛が多いほど料金が高くなります。

なくしたいムダ毛の量が多い方はまずレーザー脱毛で全体量を減らし、ニードル脱毛で仕上げるのがオススメです。

医療レーザー脱毛は5回約22,000円~36,000円

医療レーザー脱毛なら2~3万円で眉脱毛できる

医療レーザーの眉毛脱毛は22,000円~36,000円(5回~8回)で満足できます。

数回の分割or一括でも払える金額なので、負担がかかりません。

数万円で眉毛のお手入れから解放されるので、料金を抑えたい人は医療レーザー脱毛がオススメです。

ニードル(針)脱毛は1本約132円~145円

ニードル脱毛は1本132円~145円から、脱毛ができます。(※最安値のTBCスーパー脱毛の料金)

眉上・眉間・眉下の平均的な本数200本で、料金は30,000円ほどです。

毛の本数によって料金が変わるので毛深かったり産毛までしっかりなくそうとすると、さらに高くなります。

数本だけ脱毛する人であれば、ニードル脱毛がオススメです。

効果で比較|1本も残さず脱毛するならニードル(針)脱毛

効果でメリットが大きいのはニードル脱毛

  • レーザー脱毛⇒5回~8回
  • ニードル脱毛⇒約200本(施術回数は1回40本として5回)

レーザー脱毛は5回もすれば眉上・眉間・眉下のムダ毛はかなり気にならなくなります。
10ヵ月くらいで理想の眉毛をゲットできますよ。

それに対してニードル脱毛はたった1回で二度と毛が生えてこないという効果の高さがポイントです。
その反面一度脱毛すると、生えてこなくなるため脱毛する場所は慎重に決めましょう。

医療レーザー脱毛は5回~8回で実感

医療レーザーでの眉脱毛なら5回~8回であっという間にムダ毛が気にならなくなるほど効果が高いです。

「施術が終わってすぐにポロポロ抜けた」という口コミの投稿もありました。

アリシアクリニックの眉脱毛口コミ

レーザー脱毛はサロンの光脱毛とちがって1回の照射パワーが強い点はポイントです。

施術から2週間もすればほとんどの毛が抜け落ち、効果を実感できます。

ニードル(針)脱毛はほぼ永久だから効果バツグン

ニードル脱毛の最大のメリットは一度抜いた毛が二度と生えてこないことです。

さらに施術した瞬間に毛が抜けるので、すぐに効果を実感できます。

ニードル脱毛は確実に永久脱毛ができ、その上日焼けをしても大丈夫だというメリットもあって、私はニードル脱毛が打って付けでした。
引用:トータルビューティフィット

脱毛したらすぐに眉毛まわりのムダ毛がなくなりツルツルになります。

脱毛効果はかなり高いので「すぐに効果を実感したい人」にオススメです。

痛みで比較|痛みをさけるなら医療レーザー脱毛

痛みでメリットが大きいのはレーザー脱毛

  • レーザー脱毛⇒少し痛い~痛い
  • ニードル脱毛⇒かなり痛い

眉のまわりは痛みを感じやすい部分なので「まったく痛みなしの脱毛」はできません。

レーザー脱毛は一瞬だけピリっとした痛みだけで終わりです。

ニードル脱毛は効果が高い分、1回1回電流がはしるような強い痛みがともないます。

「痛いのは我慢できない人」はレーザー脱毛を選びましょう。

医療レーザー脱毛はガマンできるくらい

レーザー脱毛は ゴムではじかれるくらいの痛み

眉まわりのレーザー脱毛は、ガマンできるくらいの痛みです。例えるなら太めの輪ゴムでバチンとはじかれるようなイメージです。

眉毛は凹凸があったりとフクザツな場所にあるので、痛みの感じ方は個人差があります。

施術時は眉毛ということで毛の量も多いためかなり痛みを感じました。終わったあと何時間かは眉毛のところに赤みが残っていていたかったです。しかし、1回だけでも効果が高く、5回目終わった際にはほぼ毛が気にならなくなりました。
引用:みん評

眉毛だけの施術なら5分もかからないので、少し我慢すればすぐ終わります。

ニードル(針)脱毛はビリっとしてかなり強い

ニードル脱毛は強い痛みを感じる点がデメリットです。

毛穴に針をさして電流を流すので、あまりの痛みにあぶら汗をかいてしまうことも…。

少し痛いですが、行くたびに毎回つるつるにしてくれるので、予約した通りに通えば綺麗になります!
引用:トータルビューティーフィット

とくに眉まわりの皮膚はうすく、下に骨があるので他の部分よりも痛みに敏感です。

「どうしても痛いのはムリ!」という人には、ニードル脱毛はおすすめできません。

脱毛範囲で比較|こまかい部分ならニードル(針)脱毛

脱毛範囲でメリットが大きいのはニードル脱毛

  • レーザー脱毛…アイホールをさけた眉毛まわり
  • ニードル脱毛…毛が生えていればどこでもOK

レーザー脱毛は目を保護するゴーグルからはみ出た部分だけを照射するので、アイホール部分の脱毛は出来ません。

それに対してニードル脱毛は、狭い部分1本1本も脱毛が可能です。

「気になる部分すべての毛をゼロにしたい人」にはニードル脱毛が向いています。

医療レーザー脱毛はゴーグルでかくれない部分

眉上・眉下・眉間をレーザー脱毛するときはゴーグルでかくれない眉毛まわりを照射します。

ゴーグルでかくれない 眉毛まわりを照射する

ゴーグルはアイホールをおおうくらいの大きさ
ゴーグルに入るか入らないかギリギリのところにムダ毛がある場合は、スタッフさんに相談しましょう。

眉だけでなく顔のどこかを脱毛するときは、必ずゴーグルで目を保護します。照射の光を直接的に見てしまうリスクはありません。
(※そもそもレーザーの光は肌を通り抜けないので失明することはありません)

医療レーザー脱毛は医師や看護師が担当するため安心して脱毛が出来ます。

ニードル(針)脱毛は毛が生えていれば脱毛OK!

ニードル脱毛は毛が生えている部分ならどこでも脱毛できます。ただし目に近すぎる部分は脱毛NGです。

目を閉じたときにまつげに触れそうな範囲の毛は施術を断られてしまうので注意しましょう。

まだまだ気になる!眉毛脱毛に関するQ&A4つ

眉の脱毛をすればかなり生活するうえで楽になりそうですね!

皮膚が薄く毛も濃いので痛みが伴う点は理解して脱毛をする必要がありそうです。

それでは最後に、眉の脱毛に関する疑問についてお答えしていきます。

眉毛は印象に左右されるので、Q&Aについてもきちんと理解して眉毛脱毛の参考にしてみてくださいね。

Q1. 脱毛で眉毛の全体的な毛量は減らせるの?

医療レーザー脱毛では眉毛は薄くできない

医療レーザー脱毛では、眉毛を全体的に薄くできません。
※施術前に眉毛をすべて剃りおとすことになります。

眉毛自体の脱毛OKなサロン・クリニックは非常に少ないのが現状です。

脱毛で眉毛を薄くするのには、ニードル脱毛が一般的ですが、眉毛自体を薄くするならカットやメイク・脱色など 脱毛以外の方法がオススメです。

下記の記事で詳しく紹介しているので、参考にしてくださいね。

濃い眉毛を薄くしたい!脱毛するのはアリ?おすすめの方法も紹介

Q2. 眉毛脱毛って失敗はしないの?

眉毛脱毛は失敗しない!

眉毛脱毛で「眉毛のラインがガタガタになってしまった」という失敗はありません。

なぜなら下のイラストのように10円玉よりも小さな照射口でピンポイントに脱毛できるためです。

照射口

眉頭~眉山~眉尻までのカーブに沿ってキレイに脱毛ができます。

Q3. 眉毛脱毛をして後悔することってある?

細く剃りすぎなければ 後悔しない!

あまりにも眉毛を細くそってギリギリまで照射しないかぎり後悔することはありません。

なので自己処理では 眉毛の形から明らかにはみ出ている部分だけシェービング をすれば大丈夫です。

「流行りに合わせて眉毛の形を変えていきたい!」という人は、スタッフさんと相談しながら進めていきましょう。

Q4. セルフで眉毛をブラジリアンワックス脱毛・糸脱毛は?

セルフで眉毛をブラジリアンワックス脱毛・糸脱毛(※)するのはおすすめしません。
(※)糸脱毛…糸で産毛をからめとる方法

  • ブラジリアンワックス⇒目に入る恐れがある
  • 糸脱毛⇒手が安定しなから失敗する恐れがある

そもそも市販のブラジリアンワックスには顔OKの商品はほとんどありません。

糸脱毛に関しても、眉のような部分をセルフでおこなうのは難しいです。

以上、眉毛脱毛(眉上・眉下・眉間)について紹介してきました。

毎日カミソリを使っていた方も、医療レーザー脱毛や針脱毛でお手入れ不要のキレイな眉毛をキープできます。

眉毛脱毛をして毎日のめんどくさい眉毛のお手入れから解放されましょう。

部位脱毛の記事一覧 へ戻る