Iラインの自己処理法を徹底解説。オススメのカタチも教えます。

Iラインの自己処理法を徹底解説。オススメのカタチも教えます。

アイラインのムダ毛をお手入れすると「生理の時の痒み・ムレ」や「下着や水着から毛がはみ出る」などの心配がなくなります。

しかし、デリケートゾーン、特にIラインなど粘膜部分のお手入れは正しく行わないと重度の肌トラブルになりかねません。

そこで今回はIラインの正しい自己処理方法5つをご紹介します。それぞれの特徴から、あなたにあったお手入れ方法を見つけてください。

Iラインの自己処理・脱毛をして黒ずみが気になる人必見!

この記事では、サルース編集部員が愛用している黒ずみ改善クリームも紹介してるからチェックしてみて下さい。

もっと詳しい解消方法を知りたい人は、下のページもオススメです。
デリケートゾーン(陰部)の黒ずみを解消したい!”あの頃の美白VIO”を取り戻したい女子へ。

- この記事を監修してくれたエステティシャン -

開旗 みつこ さん

開旗 みつこ さん

所属:total aesthetics Pur・Blanc(トータルエステ ピュールブラン)代表

大手脱毛サロン立ち上げに研修講師として参加経験あり。
その他にも認定フェイシャルエステティシャン・介護美容療法士など、美容に関する様々な資格を取得。
サロンオーナー向けセミナーに講師としても参加するなど、エステティシャンの教育の立場でも活躍している

【自己処理をする前に】Iラインはどんな形に整える?

自己処理をする前に、Iラインのカタチをどのように整えるかを決めましょう。

「とりあえず全部の毛をなくしてしまえばいい」なんて、軽く考えてはダメです!

大事なパートナーや友人に見られたとき、恥ずかしい思いをしないためにも、脱毛前にしっかり希望のデザインを決めてくださいね。

形はその人の好みによって違いがあります。

Vラインを残される人でも、Iラインの境目を全てなくしたい人も多いです。

脱毛サロンではそういった悩みや要望もしっかり聞き取ってくれるので、安心してスタッフにご相談してみてくださいね。

デザイン1.前面部だけ残す

Vラインを残す場合はIラインの毛がつながるように残します

おすすめのIラインのデザインは、前面部を少しだけ残す形です。

Vラインの毛を少しでも残しておくなら、Iラインの毛を全処理するのは避けましょう。

ツルツルのIラインにしてしまうと、残ったVラインの毛が目立ち不自然な感じになってしまいます。

自然な印象にするためには、IラインとVラインの境目あたりの毛は処理しないで残しておくのがオススメです。

そうすると前から見ても、自然に整えられたアンダーヘアになります。

デザイン2.全体的に毛を薄くする

ツルツルにするのに抵抗がある場合はIラインをうすく残します

今までは、ずっとあったIラインの毛。いきなりつるつるにしてしまうのは、ちょっと抵抗がありますよね。

そんな方は、毛を少なくして全体的に薄くしましょう。
つるつるになった違和感はなく、清潔感のあるアンダーヘアにすることができます。

Vラインの毛にも自然につながって、ナチュラルに整った印象になれるのです。

デザイン3.すべて処理する

Iラインの毛を全部なくしたい場合はハイジニーナにする

Iラインの毛を全部処理するなら、Vラインの毛も全処理にしてハイジニーナにするのがオススメです。

ハイジニーナは「かわいい水着や下着を思う存分楽しみたい!」という人にピッタリです。

さらに生理時のムレやかゆみも、ハイジニーナにすれば解消されます。

アンダーヘアのデザインについてもっと詳しく知りたい方は、コチラの記事も参考にしてみて下さいね。
Q.VIOの人気のあるデザインやカタチを教えてください。(ランキングあり)

Iラインのムダ毛お手入れ法5選!あなたにあった方法はどれ?

  1. 自宅で手軽にお手入れしたい
    →電気シェーバー
  2. 毛の長さを整えたい
    →ヒートカッター
  3. サロンやクリニックでの脱毛は恥ずかしくて無理!
    →家庭用脱毛器
  4. 今すぐツルツルにしたいけど頻繁にお手入れするのはめんどくさい
    →ブラジリアンワックス
  5. 隅から隅までムダ毛をゼロにしたい
    →サロンやクリニックで脱毛

(タップでスクロールします)

 

気になるポイントを徹底比較!

この5つの自己処理方法を使用頻度・痛み・お値段・お肌への優しさ、の4つのポイントから比較してみました。

 使用頻度痛みお値段お肌への優しさ
電気シェーバー2~3日に1回なし2,000~5,000円
ヒートカッター1ヶ月に1回なし3,000~5,000円
家庭用脱毛器2週間~1ヶ月に1回弱い50,000~70,000円
ブラジリアンワックス1ヶ月に1回強い2,000~4,000円
サロン・クリニックで脱毛2週間~3ヶ月に1回サロン:弱い
クリニック:強い
50,000円前後(脱毛完了まで)サロン:
クリニック:△

①電気シェーバー

電気シェーバーでのIラインの自己処理は肌への負担が少ないが、すぐに生えてきます

  • お肌への負担が少ないので、皮膚のうすいアイラインでも安心
  • アイライン用のシェーバーでキレイに処理できる
  • いますぐムダ毛をゼロにできる
  • 処理後の毛がチクチクして、不快感やかゆみがある
  • すぐに毛が生えてくるので頻繁にお手入れが必要
〈電気シェーバーがおすすめなのはこんな人〉

「いますぐにアイラインのムダ毛をどうにかしたい!」

「痛みのないお手入れがいい」

「アイラインのムダ毛をゼロにしたい」

「自宅で手軽にお手入れしたい」

お肌への負担がとても小さい電気シェーバーは、アイラインのうすい皮膚でも問題なく使うことができます。

アイライン用のシェーバーを使えば、よりカンタンに毛を処理できておすすめ。

ただ深く剃ることはできないため、処理後1~3日で毛が生えてきてしまいます。

ずっときれいなアイラインを保ちたい場合は、こまめなお手入れを心がける必要があるのです。

電気シェーバーの正しいお手入れ方法
  1. 落ちた毛が散らからないよう、新聞紙などを用意する。
    (もしくはお風呂場で処理を行うのがおすすめ。)
  2. 先に余分な毛の長さをハサミなどでカットしておく
  3. Iラインが確認できるよう、手鏡などを用意して明るい所で行う
  4. 粘膜の近くは特に注意してゆっくりと丁寧に行う
  5. 処理後はキレイにして、保湿ケアをしっかりする

正しい方法で行わないと、電気シェーバーでも肌を傷つけてしまう恐れがありますので、要注意です!

②ヒートカッター

ヒートカッターでIラインの自己処理はかゆみがないのがメリット、根元が残るのがデメリット。

  • お手入れ後、チクチクしたりかゆくなったりしない
  • 毛にコームを当てていくだけとお手入れが簡単
  • 正しく使えば、肌に負担がかからない
  • 根本が数ミリ残ってしまう
  • 毛先を焼きながら切っていくため時間がかかる
  • 肌近くを処理する場合は熱さが伴う
〈ヒートカッターがおすすめなのはこんな人〉

「アイラインのムダ毛を全部なくすのは少し抵抗がある」

「下着や水着から毛がはみ出ないようにしたい!」

ヒートカッターで焼き切られた毛の断面は丸く、肌に当たってチクチクすることはありません。

シェーバーやハサミの用に、処理後の不快感がないのは大きなメリット。

ただ肌に熱線があたって火傷するのを避けるために、根本の毛は数ミリのこってしまいます。

しかし、長さを整えるだけでとてもスッキリして見えるものです。

アンダーヘアのお手入れがはじめてという方は、まずヒートカッターを使ってみるのがいいかもしれません。

ヒートカッターの正しいお手入れ方法

アンダーヘアをつまんでまっすぐに伸ばした状態で、熱線を毛に当てていきます。

ポイントは、一気にたくさんの毛を処理しないこと!

毛の量が多すぎると絡まったり、うまく焼ききれなかったりします。目安は3~5本です。

こまめすぎて面倒くさいと思うかもしれませんが、丁寧に少しずつやったほうがきれいに処理できるのでがんばりましょう。

もう一つ注意してほしいことは、熱線を皮膚に近づけすぎないこと

あまり皮膚に近すぎると、火傷や肌トラブルにつながってしまいます。

5~7ミリくらい毛の根本を残して、お手入れしてあげてくださいね。

〈ヒートカッターでのお手入れポイント2つ〉

  • 一気にたくさんの毛を処理しない。3~5本ずつが目安。
  • 熱線を皮膚に近づけすぎない。根本5~7ミリは残すこと!

③家庭用脱毛器

家庭用脱毛機でのIラインの自己処理は好きなタイミングでできるのがメリット、ヤケドの危険があるのがデメリット。

  • デリケートゾーンを人に見られず脱毛できる
  • 自分の好きなタイミングでできて、忙しい方でも安心!
  • 5~7万円とサロンやクリニックに通って脱毛するよりもお得
  • 出力を上げすぎると火傷をしてしまう
  • 粘膜部分を傷つけるリスクがある
  • 効果が出るまでにかなりの時間がかかる
〈家庭用脱毛器がおすすめなのはこんな人〉

「脱毛はしたい!けどデリケートゾーンを人に見られるなんて絶対無理!」

「忙しくてサロンやクリニックに通う時間がない」

家庭用脱毛器の最大のメリットは自分で脱毛ができるため、ほかの人にアイラインを見せないで脱毛ができること。

いくら専門のスタッフといっても、デリケートゾーンを見られるのはやっぱり恥ずかしいですよね。

自分の好きなタイミングでできるという点で、忙しい方にもオススメです。

ただ粘膜部分に光が当たらないように、細心の注意が必要。

皮膚で守られていないので、あやまって光があたると重度の肌トラブルにつながってしまう可能性があります。

また脱毛は1~2年かかるので、その間ずっとお手入れをしなくてはいけません。

家庭用脱毛器の正しいお手入れ方法

最近は脱毛器も、たくさんの種類が販売されています。

使い方もちがうので、それぞれ取扱説明書を必ずよく読んでから使うようにしましょう。

使用方法は脱毛器によってちがいますが、すべてに共通して注意してほしいことが3つあります。

  • 光を当てる前後に、患部をしっかり冷やすこと!
  • アフターケアは怠らない。保湿ローションやジェルは必須!
  • 脱毛器の出力を上げすぎない。

患部を冷やしたり保湿したりするのは、脱毛によるお肌のダメージを軽くしてくれます

きれいな肌になるためにもめんどくさがらず、きちんと行ってくださいね。

アイラインはとくにお肌がうすい部分。なので光の出力は弱めからはじめて、火傷しないように気をつけましょう。

④ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスでのIラインの自己処理はすぐにツルツルになるのがメリット、痛いのがデメリット。

  • 確実に毛をなくすことができる
  • 根本から抜くので1回の処理で、長期間ツルツルな状態が保てる
  • 脱毛器を使うときのように時間がかからない
  • とにかく痛い
  • 肌荒れの可能性あり
  • 肌の弱い人は色素沈着になりやすい
〈ブラジリアンワックスがおすすめなのはこんな人〉

・「いますぐきれいに毛をなくしたい」

・「いまは全部の毛をなくしたいけど、また生えてきてほしい」

・「こまめにお手入れするのはめんどくさい」

ブラジリアンワックスは、いますぐ確実に毛をなくせることが最大のメリットと言えます。

一度お手入れすると、しばらく毛が生えてこないのもうれしいポイント。ただし一気に毛を抜くため、剥がしたときの痛みはとても強いので注意しましょう。

ブラジリアンワックスについては姉妹サイトのブラジリアンワックス脱毛ならべりつるちゃんをチェック!
ブラジリアンワックスべりつるちゃん

⑤サロン・クリニックで脱毛

サロン・クリニックでのIライン脱毛は自己処理がなくなるのがメリット、通う時間が必要なのがデメリット。

  • 面倒な自己処理から解放される!
  • 肌に優しく、皮膚を傷つける心配なし
  • 専門のスタッフなので仕上がりも安心
  • もしもの肌トラブルにもしっかり対応してくれる
  • 時間をつくって、通う必要がある
  • デリケートゾーンを見られてしまう
〈サロン・クリニックでの脱毛がおすすめなのはこんな人〉

・「アイラインのムダ毛を自分で処理するのは不安」

・「安心安全にお手入れしたい」

・「隅から隅までムダ毛をなくしたい」

脱毛サロンやクリニックでの脱毛は厳密にいえば自己処理の枠から外れますが、本気でIラインをキレイにしたい!という方にオススメの方法です。

サロンやクリニックの最大のメリットは「一度脱毛サロンに通いきってしまうと、自己処理の悩みから解放される」ことです。

水着を着る前でも、温泉に行くときでも、自己処理をさぼっている時にいきなり彼氏と良い感じになったときでも、もうIラインのムダ毛に悩まされる心配はありません。

(関連記事:Iライン脱毛でおすすめの医療脱毛&サロンをチェック!)

 

【サルースおすすめ!】リゼクリニックはIライン脱毛が5万円以下!

リゼクリニックのLP画像

Iラインの脱毛をするならリゼクリニックがダンゼンおすすめです!

粘膜の部分を含んだIラインの脱毛5回を39,800円で受けられます。

「単純に安いだけじゃない?」と思うかもしれませんが、リゼクリニックはサービス面もとにかくスゴイんです。

なんと他の医療脱毛クリニックでは有料になりがちな以下のサービスを、すべて無料で受けられます!

  • 脱毛前のシェービング
  • 予約のキャンセル・変更
  • 解約手数料
  • 肌トラブル・硬毛化が起きたときの処置

「Iラインの自己処理って難しくて怖い」という方は遠慮なくシェービングをお任せしちゃいましょう。

総合的にコスパがいい医療脱毛クリニックなので、Iライン脱毛初心者の方に持ってこいです。

\粘膜込みのIライン脱毛が5回で39,800円!/リゼの無料カウンセリングを
申し込む!

リゼクリニックの脱毛について詳しくチェック!

Iライン脱毛は慎重に行うこと

ムダ毛の自己処理は、肌トラブルにつながることがたくさんあります。

とくにアイラインは敏感な部分なので、トラブルが重度なものになりがちです。

せっかく毛がなくなっても、肌が汚いと意味ないですよね。

どんな処理方法でも続けている最中に問題が生じたら、すぐにお手入れを中止しましょう。

自分でどうにかしようとせずに、きちんと医療機関へいって治療してくださいね。

 

Iラインが黒ずんでいる人は、毛を処理することで目立つ恐れがあります。

いくら毛をきれいに整えてもIラインが黒ずんでいると、せっかくのムダ毛処理も台無しですね。

もしあなたが

「もともと色素沈着しているタイプかも」
「自己処理で黒ずみができてしまうのは怖い。事前に予防したい!」
「今よりもっとキレイな色にしたい」

と思っているなら、デリケートゾーン専用の黒ずみケアクリームを使ってみるのもアリだと思います。

サルース編集部員も愛用しているハーバルラビットというケアクリームは口コミや各雑誌でも人気のアイテムなのでチェックしてみてください。

ワキや乳首など、体のどこにでも使えるので、美女肌編集部では結構おすすめしているアイテムです。

ハーバルラビット

単品で買うと少し高めですが(7000円)、定期コースなら1本4250円になります。

60日返金保証がついていて万が一肌にあわない場合は返金もできるので、試しやすいと思います!

\黒ずみケアの必需品/ハーバルラビットをゲットする!
気になる部位から脱毛をチェック へ戻る