レジーナクリニックの事前準備まとめ|注意事項や前日シェービングは完ペキ!

レジーナクリニックの事前準備まとめ|注意事項や前日シェービングは完ペキ!

レジーナクリニックではじめて脱毛をする人は、事前準備やシェービングについて疑問を持っている人もいると思います。

今回この記事では施術前の注意事項やシェービング、当日の持ち物や服装についてまとめました。

脱毛前にしっかり確認し当日の脱毛に備えましょう。

レジーナクリニックの禁止事項7つ

脱毛前の禁止事項7つ

レジーナクリニックの施術を受ける前にやってはいけないことは以下の7つです。

  1. 過度の日焼け:脱毛期間中ずっと
  2. 過度の乾燥:脱毛期間中ずっと
  3. 予防接種:脱毛10日前後
  4. 薬、サプリメントの服用:脱毛の前日・当日
  5. 飲酒:脱毛の前日・当日
  6. 運動、入浴など代謝を上げる行為:脱毛の前日・当日
  7. 制汗剤、日焼け止めの使用:脱毛の直前・直後

以下で詳しく紹介していきます。

1.レジーナは日焼け肌・色黒肌も施術OK!過度の日焼けはNG

脱毛期間中は過度の日焼けNGレジーナクリニックは日焼け肌でも脱毛ができます。

ただし皮がむけていたり、肌が赤く炎症している状態だとお断りされる恐れがあります。

皮膚に熱がこもって火傷のリスクが高くなるので、赤みがなくなるまでは脱毛をお休みしましょう。

脱毛期間中のプールや海はできるだけ控えるのが無難です。

日焼け肌・色黒肌でもOKな理由

普通はお断りされる日焼け肌でも脱毛できる理由は、レジーナクリニックで使っている脱毛機「ソプラノアイスプラチナム」にあります。

今までの医療レーザー脱毛機はメラニン(毛の黒い部分)に反応するので、火傷の恐れがある日焼け肌の方や地黒肌の方は脱毛できませんでした。

一方ソプラノアイスプラチナムは毛包(毛穴の一部)にアプローチするおかげで、色素を無視してダメージを与えます。

肌の色素が濃くても火傷や肌荒れの心配はないので、日焼け肌・地黒肌の人も安心です。

(参考:医療レーザー脱毛機「ソプラノ」6つ強みと2つの弱み|オススメ医療脱毛クリニックあり!)

2.脱毛期間中は過疎の乾燥に気を付けよう

脱毛期間中は過度の乾燥NG

粉を吹いていたりかゆみを感じたりするほど重い乾燥肌の人は、施術をお断りされてしまいます。

肌が乾燥していると施術時の火傷や強い痛みを引き起こしやすいうえ、脱毛効果も落ちてしまうからです。

また乾燥は脱毛が出来ないだけでなく、毛穴トラブルや黒ずみにもつながります。

ボディークリームを塗るなど日頃から保湿ケアを怠らないようにしましょう。
ストレミラインの画像

ストレミラインは脱毛期間中にピッタリの保湿ケア商品です。

気になる乾燥はもちろんのこと、毛穴トラブル・黒ずみにも効果的なので気になる人はぜひチェックしてみてください。

ストレミラインの
公式サイトはコチラ

 

3.レジーナは脱毛の10日前後は予防接種禁止

脱毛の10日前後は予防接種NG施術日の10日前後は予防接種を受けるのはやめてください。

予防接種は身体の免疫力を一時的に弱くしてしまうので、敏感肌じゃなくてもかゆみや赤みを引き起こす可能性があります。

また注射を打ったところが腫れてしまったり、微熱やだるさなどを引き起こすこともあります。

施術前に予防接種を受けてしまった方は、その時点で予約を変更しておくと安心ですね。

詳しい予約変更についてはこの記事をチェックしてみてください。

レジーナクリニックの予約方法まとめ!施術予約やキャンセル方法も解説

4.薬やサプリメントの服用は脱毛前日・当日NG

脱毛前日・当日は 薬の服用NG施術前の24時間は薬やサプリの服用は控えましょう。

薬やサプリメントの成分によっては肌が敏感になり、肌荒れを起こしやすくなるためです。
とくに抗生物質やステロイドはアレルギー反応を起こしやすくなるため要注意してください。

自分の身体を守るためにも、脱毛前に薬や軟膏(なんこう)を服用した場合はきちんとスタッフさんに伝えましょう。

漢方薬や低用量ピルなども、施術前にクリニックに確認しておくと安心です。

5.脱毛の前日・当日の飲酒は赤みや痒みにつながる

施術前の飲酒はNG

お酒は体温を上げる作用があるので、施術前・後は控えてください。

普段よりも体温が上がった状態でレーザーを当ててしまうと、肌の中に熱がこもって赤みやかゆみにつながります。

飲み会などお酒を飲む予定ができたら、脱毛に通っている間は前日を含めて予約日とかぶらないよう調整してください。

6.レジーナの脱毛前は体温を上げる行為は控える

脱毛の先日・当日は 代謝を上げる行為はNG前日と当日は運動や入浴、サウナや岩盤浴など、代謝があがってしまうようなことは避けてください。

さきほど説明した飲酒と同じく、体温が上がると体内に熱がこもりやすくなり炎症をおこしやすくなるためです。

施術日の前日と当日は、マッサージや激しいスポーツなども避けてできるだけ安静に過ごしましょう。

雑菌が入りやすく炎症を起こしやすくなるため、サウナや岩盤浴も1週間くらいやめておきましょう。

7.脱毛の直前は制汗剤、日焼け止めの使用はNG

脱毛の先日・当日は 代謝を上げる行為はNG

制汗剤、日焼け止めを使っている方も多いと思いますが、施術当日は控えましょう。

肌にレーザーが届きにくくなるので、せっかくの脱毛効果が薄れてしまいます。

また成分によっては、光を照射することで赤みやかゆみが出てしまうこともあるので気をつけてください。

施術当日はボディークリームなど油分が多いものは使わないようにしましょう。

施術前日には手の届く範囲でシェービングするべし

レジ―ナのシェービングについてレジーナクリニックで脱毛する前は、手の届く範囲はシェービングをしてください。

シェービングをする際は、肌への負担が少ない顔用の電気シェーバーがオススメです。

また脱毛している期間は毛抜きや脱毛ワックスの使用は控えましょう。

毛根から根こそぎ処理してしまうとムダ毛にダメージを与えられず、脱毛効果を実感しにくくなります。

レジ―ナは剃り残しがあってもシェービング代がかからない

レジーナクリニックは剃り残しがあってもすべての部位のシェービングを無料で対応してくれます。

しかし手の届く範囲は自分でシェービングすることが前提なので、まったくシェービングをしないのはNGです。

施術の際にシェービングに時間をかけると、脱毛する時間が少なくなり照射する部位も限られます。

そのようにならないために手の届く範囲は前日にしっかりシェービングし、うなじ・背中・Oラインなど難しい部位はスタッフさんにお任せしましょう。

難しいデリケートゾーン(I・Vライン)の自己処理は下記のページも参考にしてください。

VIO脱毛前の正しい自己処理の方法は?デザイン別で解説!

レジ―ナクリニック施術当日の持ち物・メイク・服装

続いて施術当日の持ち物・メイク・服装について紹介します。

レジーナクリニックの持ち物は診察券のみでOK

レジ―ナの当日の持ち物

レジーナクリニックは追加料金が一切かからないので、当日の持ち物は診察券だけでOKです。

またメイクをしている場合は脱毛前にオフするので、施術後に予定がある方はメイク道具も忘れないでくださいね。

顔脱毛をしない人も、一応スッピン隠しのマスクやメイク直し用のコスメを持っていくと安心です。

脱毛当日のメイクはすっぴんかナチュラルメイクで

レジ―ナの当日のメイクについて

施術をスムーズに進めるためにも、クレンジングがしやすいスッピンかナチュラルメイクがオススメです。

繰り返しになりますが、顔脱毛をする方でメイクをしている場合は施術前に自分で落とすことになります。
(参照:レジーナクリニック顔脱毛まとめ)
クリニックにもクレンジング剤は用意されていますが、気になる方は普段使っているメイク落としを持って行きましょう。

脱毛後のメイクは肌の赤みが引いたあとにしてください。

脱毛当日の服装はゆったりとしたワンピースがオススメ

レジーナクリニックの当日の服装

服装は自由ですが、脱毛当日はゆったりとしたワンピースがベストです。

脱毛後の肌は熱がこもっているので、通気性のいいリネンやレーヨン素材を選ぶのがいいでしょう。

逆にピッタリしたタイツやスキニーは、あまりオススメできません。

これらは常に摩擦がある状態なので、脱毛後のデリケートな肌に刺激を与えてしまいます。

結果的に黒ずみにもなりかねないので、できるだけ避けるのが無難ですよ。
(参照:デリケートゾーン(陰部)の黒ずみを解消したい!あの頃の美白VIOを取り戻したい女子へ。)

レジーナクリニックの事前準備まとめ

レジーナクリニックの自前準備まとめ

レジーナクリニックでの施術の前は、以下の項目を確認しておきましょう。

  • 肌が真っ赤になったり皮がむけるほどの日焼けはNG
  • 飲酒、運動、サウナ、岩盤浴など体温が上がる行為はNG
  • 制汗剤、日焼け止めの使用は禁止
  • 手の届く部位のシェービングは自分で行う

レジ―ナクリニックを脱毛する前は、事前準備をしっかり行い脱毛施術に万全に備えましょう。

効果をしっかり実感するために、施術後も日焼け対策やアフターケアはしっかり行ってくださいね。

レジーナクリニック へ戻る