【医師監修】デリケートゾーンの黒ずみ対策!原因とおすすめケア方法を紹介

【医師監修】デリケートゾーンの黒ずみ対策!原因とおすすめケア方法を紹介

「デリケートゾーンが黒いから彼氏ができたとき不安」
「頑張って洗っているのに黒ずみが全然落ちない!」

多くの女性が頭を悩ませているデリケートゾーンの黒ずみ
誰かに相談したいと思っても、なかなか恥ずかしくて相談できない人もいますよね。

今回は「人に聞かなくても解決できるデリケートゾーンの黒ずみの解消方法と予防方法」をご紹介します。

この記事を読んで黒ずみの悩みを解決していきましょう!

- この記事を監修してくれた先生 -

末原 郁子 先生

末原 郁子 先生

所属:いくこ皮フ科クリニック 院長

順天堂大学医学部卒業
皮膚疾患だけでなく、アンチエイジングなどの美容皮膚の分野にも携わる。
HELENA RUBINSTEIN(ヘレナルビンスタイン)コンサルティングドクターとしても活躍中

詳しいプロフィールをチェック!

デリケートゾーンに黒ずみができる原因

デリケートゾーン黒ずみの原因
デリケートゾーンの黒ずみの原因でもっとも多いのが肌への刺激です。

次に挙げるような身近な行動や習慣は、知らず知らずのうちに肌を刺激し、黒ずみの原因を作ってしまっています。

黒ずみの原因
  1. 下着の擦れ(タイツやジーパン等も含む)
  2. 間違った自己処理(逆剃り、毛抜きなど)
  3. 間違った洗い方(強くこする、目の粗いタオルを使うなど)
  4. ターンオーバーの乱れ(不規則な食事や睡眠不足)

これらを続けてしまうと黒ずみはどんどん濃くなっていきます。たるみなどの症状も出てしまい、すぐには治せなくなってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを治す方法

肌の黒ずみ原因は肌への刺激です。
ここからは肌への刺激を軽減し、自然と黒ずみを解消してくれるオススメのアイテムをご紹介します。

方法肌への負担効果料金相場
width
黒ずみ専用クリーム
二重丸
なし
二重丸
非常に高い
4,000円~6,000円
美容外科での治療三角
強い
二重丸
非常に高い
40,000円~70,000円
デリケートゾーン用せっけん二重丸
なし
丸
高い
700円~2,000円

上記の中でもオススメなのが黒ずみ専用クリームです。

「黒ずみ専用」と大きくうたっているだけあって、どの方法よりも肌トラブルのリスクが低いのがポイントですね。

敏感な部位なので、専用のものが一番安心して使えると思います。

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームを使う

VIOの黒ずみ専用クリーム
デリケートゾーンの黒ずみを解消するために一番オススメなのが黒ずみ専用クリームです。

最短1ヶ月で効果が出るほど即効性があり、デリケートな肌に優しいので非常にオススメです!

デリケートゾーン専用のクリームには、以下の成分がたっぷり含まれています。

黒ずみ専用クリームの成分
  • 美白成分:色素沈着を薄くする
  • 保湿成分:ターンオーバーを促進して黒ずみを剥がれ落ちやすくする

黒ずみを解消するには美白と保湿がカギなので、それらの成分がしっかりと入っているものを選びましょう。

デリケートな部分のために作られていることもあり、肌に優しい天然由来成分を使っているものが多いです。
「デリケートゾーンにクリームを塗るのは少し不安」という人でも、専用のクリームなら安心して使用できますね。

デリケートゾーン用の石鹸で優しく洗う

デリケートゾーン専用石鹸
デリケートゾーン専用の石鹸も黒ずみ対策に効果的です。
普通のボディソープよりも刺激が弱い成分だけを使っているので、かぶれなどのトラブルを起こしにくいのがポイントです。

他の石鹸やボディソープでは洗えないIラインやひだの粘膜部分にも問題なく使えます。

Iラインなどデリケートな部位は専用の石鹸、その他の部位はボディーソープと使い分けるのがオススメです!

美容皮膚科で治療or医療脱毛

美容皮膚科の治療
黒ずみを解決する方法として、美容皮膚科の切開やレーザーなどの手術もあります。
お医者さんによる治療というだけあって、早くてその日で効果が表れるほど即効性が高く安全です。

その分料金はかなり高く、安くても5万円ほどかかってしまいます。
黒ずみに効果があるホワイトニングやヒルドイドも保険適用外で3万円と高めです。

しかもせっかく数万円を払って黒ずみを除去しても、その後も日常的な自己処理など肌への刺激がある生活を続けていると、再び黒ずんでしまいます。

日常生活から黒ずみができにくい習慣をつけるようにしましょう。

デリケートゾーンにおすすめの黒ずみ対策クリーム

デリケートゾーンの黒ずみを解消するためにおすすめの方法は黒ずみ専用クリームを使用することです。

そんな黒ずみ専用のクリームの中でもおすすめの商品を紹介します。

イビサクリーム|デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム

イビサクリームのバナー

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームの中でも、オススメなのがイビサクリームです。

抗炎症作用のあるトラネキサム酸や、ダメージから肌を守るグリチルリチン酸など、黒ずみの原因である「摩擦や刺激」から肌を守る成分や、保湿成分、美白成分がたくさん配合されています。

イビサのオススメポイント
  • VIO専用だから肌に優しい
  • 保湿・美肌成分も配合
  • 国が効能効果を認めた医薬部外品
  • 乳首やヒジ・ヒザ・ワキの黒ずみにも使用可能!

厚生労働省から効能を認められた医薬部外品なので安心して使用できます。
万が一お肌に合わなければ、28日間の返金保証付きです。

1本でちょうど1ヶ月分なのですが、早ければ1ヶ月後には今よりも黒ずみが薄くなっていると感じられるでしょう。

通常価格1本7,000円のイビサクリームが1本4,900円と大変リーズナブルになっています。

VIOの黒ずみに悩んでいる人は、ぜひチェックしてみて下さいね!

イビサクリームの公式をチェック

ハーバルラビット|女子に人気の黒ずみ専用クリーム

ハーバルラビット

もうひとつ、デリケートゾーンの黒ずみケアにオススメなのがハーバルラビットです。
特にお尻の黒ずみに効果があると人気です。

もちろん保湿成分や美白成分もたっぷりと配合されていて、匂いがふんわりと癒やされる野ばらの香りなのも嬉しいですね。

通常7,000円のところ今ならキャンペーン価格で4,750円、クレジットカード払いならば4,250円と大変お財布に優しい料金になっています。

ハーバルラビットでお尻もキレイに

デリケートゾーンの黒ずみケアにおける注意点

黒ずみに効果がない方法

デリケートゾーンの黒ずみケアのためには色々な方法があります。
中には噂や口コミで広まった、効果がない方法もあるため注意が必要です。

デリケートゾーンのケアをする時には以下の点に注意しましょう。

  • 黒ずみは毛穴ケアでは消えない
  • スクラブやピーリングは肌への負担が大きい
  • ハイドロキノンは副作用のリスクあり

黒ずみは毛穴ケアでは消えない

毛穴ケアによく使用される重曹やスクラブのお手入れ方法は、デリケートゾーンの黒ずみケアに不向きです。

デリケートゾーンの黒ずみの正体は皮膚の内側にできる色素沈着

重曹やスクラブは毛穴に溜まった汚れを細かい粒で汚れを落とすものですから、皮膚の内側まではケアできません。
また、VIOラインは粘膜が近くにあるため、重曹やスクラブに含まれる粗い粒子が肌を傷つけてしまうリスクもあるでしょう。

同じ「黒ずみ」であってもデリケートゾーンの黒ずみケアと顔の毛穴ケアは別の対策を取る必要があります。

毛穴ケア用品をむやみにデリケートゾーンの黒ずみに使用しないようにしましょう。

スクラブやピーリングは肌への負担が大きい

スクラブは重曹と同じく細かい粒で皮膚表面の古い角質や汚れを落とせますが、色素沈着は落ちません。

むしろスクラブをデリケートゾーンに使うと、粒子の刺激でヒリヒリ感や赤みなどの肌トラブルにもなりかねます。

使用すると黒ずみの一番の原因である摩擦も起きてしまうので、おすすめしません。

中でも塩でできているソルトスクラブは粒が荒くて刺激が強すぎます。
粘膜のあるIラインには絶対使用しないようにしましょう。

ハイドロキノンは副作用のリスクあり

ハイドロキノンは赤みや白斑の可能性あり
ハイドロキノンは黒ずみを治す効果が高いですが、こちらもデリケートゾーンに使うのはおすすめしません。

美白化粧水などに含まれるハイドロキノンはかなり肌への刺激が強いです。
デリケートゾーンに使うと皮膚が耐えられず、白斑や赤みといった副作用のリスクが高くなります。
できるだけ早く黒ずみを消したいからといって無理に使うのはやめましょう。

VIOの黒ずみを予防する方法5つ

ここまでは黒ずみの改善方法についてお伝えしましたが、せっかく黒ずみを改善しても、デリケートゾーンへの摩擦や刺激が続くとまた黒ずんできてしまいます。

特に摩擦が起きやすいIライン部分は黒ずみやすくなってしまうので、デリケートゾーンはケアをすることが非常に大切です。

ここからは黒ずみを予防するための方法について順番に解説いたします。

日々の継続が大切なので、実践できるものからチャレンジしてみてくださいね。

ゆったりとした下着や服を着用する

下着の摩擦を避ける
下着やボトムスは、締め付けがないゆったりしたものを着用しましょう。

デリケートゾーン周辺の締め付けが強いと、その生地が常に肌の上を触れている状態になります。
締め付けが原因で摩擦によるメラニンが発生し、Iラインなどの擦れやすい部位は黒ずみの悪化に繋がります。
普段使う下着はサイズが一つ上のものを選び、きついスキニーパンツやジーンズもできるだけ避けるようにしましょう。

下着の素材としてよく使われているポリエステルは通気性が悪くムレやすいため黒ずみだけでなく、かゆみやニオイの原因にもなります。
気にならなければ、できるだけ綿製のものを使うようにしましょう。

デリケートゾーンの洗い方を見直す

デリケートゾーンは脚や腕などの部位よりも洗い方に気を使うことが大切です。

Iラインはケアをしっかりしないとニオイの原因にもなるため、丁寧に洗うように心がけましょう。

今回はデリケートゾーン専用石鹸を使用した場合の、デリケートゾーンを洗うときのコツを3つ紹介します!

洗い方を見直して、黒ずみケアをしっかりしましょう。

手でなでるように優しく洗う

手で優しく洗う
デリケートゾーンは他の部位のようにボディタオルは使わず、手でなでるように優しく洗いましょう。
ボディタオルでゴシゴシしてしまうのは、やめてください。

デリケートゾーンの黒ずみはほとんどが、皮膚の内側に垢が溜まっている状態です。
無理に落とそうとしても意味はなく、むしろ肌をカバーする皮脂が落ちてしまい逆効果です。
VIOを洗うときは優しく、弱く、丁寧に洗いましょう!

泡パックで石鹸の効果を高める

泡パック
優しく洗った後は泡立てた石鹸でデリケートゾーン全体をパックすると効果がアップします。

パックをすることで、石鹸の中に含まれている成分が角質の奥まで染みわたっていきます。

やり方は泡立てネットなどで石鹸の泡を作り、デリケートゾーンにたっぷりつけておいてください。

この時はこすったりせずに、3分放置しましょう。

なるべく摩擦がないように意識してケアすることが大切です。

肌にダメージを与えないぬるま湯で洗う

ぬるま湯で洗い流す
デリケートゾーンを洗うときのお湯は人肌くらいのぬるま湯にしてから流しましょう。

熱湯は他の部位より皮膚が薄いデリケートゾーンにとって、大ダメージを与えてしまいます。

やけどや赤みのリスクも高くなるので、ぬるま湯で優しく洗って下さいね。

最後に洗い流す時もゴシゴシこすったりせず、石鹸が残らないよう優しくなでてあげるように洗ってください。

乾燥を防ぐためにニベアやワセリンで保湿

ニベアやワセリンで保湿
デリケートゾーンの黒ずみは毎日保湿してあげることで予防できます。
デリケートゾーンは下着やタイツなどが触れて常に摩擦がある状態なので、意外と乾燥しやすい部位です。

保湿することで保湿剤の成分が肌をカバーし、摩擦による乾燥をおさえられます。
特にニベアクリームやワセリンなど、赤ちゃんからお年寄りまで使える肌に優しいクリームを使うのがオススメです。

保湿は肌が柔らかくなって成分が染みわたりやすいお風呂上りに塗るのがベストです。

黒ずみの気なるところに優しく塗ってくださいね。

生活習慣を見直してターンオーバーを整える

直接的な効果はないものの、生活習慣を見直せばターンオーバーが整うので黒ずみを改善、予防できます。

食生活が偏っていたり寝不足が何日も続くと、ターンオーバーがうまくいかず、古い角質が残ったままになり黒ずみの原因になります。

ターンオーバーを整える上で最も大切なのは食事です。
以下の栄養素にはターンオーバーの働きをすすめる効果があります。

  • ビタミンA(緑黄色野菜・卵・レバーなど)
  • 亜鉛(牡蠣(かき)・レバーなど)
  • ビタミンC(柑橘類が中心の果物・イモ類など)

参考:スキンケア大学

ターンオーバーの促進する食べ物を摂取して、黒ずみ改善に努めましょう!

美容オイル(馬油・バイオイル)もターンオーバー促進の効果アリ

美容オイルも効果あり
美容系オイルは規則正しいターンオーバーを促してくれます。
肌に馴染みやすく角質層の奥にまで行き届き、硬くなった古い角質を柔らかくして剥がれ落ちるのを助けてくれます。
また抗酸化作用で肌バリアの効果を活性化し、バイ菌もガードしてくれる優れものです。

薬局で売っている馬油やバイオイルでもOKなので、おためし感覚で使ってみるといいでしょう。

馬油は赤ちゃんにも使用ができるものなので、安心して使用ができますよ。

デリケートゾーンのムダ毛処理を正しく行う

ムダ毛処理方法
黒ずみの原因である自己処理を見直してみましょう。
以下の方法を守るだけでも、黒ずみの予防ができます。

自己処理を見直そう!
  • 肌に優しい電気シェーバーを使う
  • 毛の流れに沿って剃る(逆剃りは仕上げの一回のみ!)
  • 石鹸ではなくシェービングジェルを使用して剃る

この中でも特に大事なのが電気シェーバーで自己処理をすることです。
カミソリは刃が直接肌に当たるため、見えない傷を付けてしまうという大きなデメリットがあります。
電気シェーバーは刃が肌に当たらないようにできているので肌へのダメージは少なく済みます。

詳しい自己処理の方法は以下の記事でもご紹介しているので、チェックしてみてください。
普段の自己処理からデリケートゾーンの黒ずみをしっかり予防しましょう!

VIOの正しい自己処理方法はコチラ!

デリケートゾーンを傷つけないためには脱毛もおすすめ!

正しく自己処理をしても、毛が生える限りは何度も繰り返し処理しなければなりません。

「カミソリでVIOがボロボロ」
「VIOの自己処理は難しい」

少しでもあてはまった方は脱毛を検討してみましょう。オススメする理由は次の通りです。

脱毛のメリット
  • 自己処理をする必要がなくなり、根本的に黒ずみを予防できる
  • 美白効果がある脱毛機など、脱毛で黒ずみが改善されることもある

最近では格安でVIO脱毛できるサロンや医療脱毛クリニックが増えています。

本気で黒ずみのないデリケートゾーンを目指している人は、下記の人気VIO脱毛ランキングもチェックしてみてくださいね。
ムダ毛も黒ずみも一度に撃退してしまいましょう!

医療脱毛VIOランキング

デリケートゾーンの黒ずみに関するQ&A

ここまででデリケートゾーンの黒ずみは、下着や過度な洗浄による摩擦が原因だということがわかりました。

ケア方法としては、摩擦をさけて乾燥を防ぐことがとても大切なんですね。

その他にも黒ずみとニオイの関係など、気になることってありますよね。

最後にデリケートゾーンに関する気になる疑問にお答えいたします。

正しい知識を身に着けて、黒ずみケアをしっかりしましょう!

Q.デリケートゾーンの黒ずみが生まれつきある人っている?

生まれつきデリケートゾーンに黒ずみはない
乾燥肌で黒ずみができやすい体質の人はいますが、デリケートゾーンが生まれつき黒ずんでいる人はいません。

デリケートゾーンの黒ずみは下着の擦れや自己処理などによる肌への刺激が原因です。

特にIラインは摩擦が起きやすいので、黒ずみが気になる人もいるかもしれません。

色黒の人はVIOも真っ黒という間違った偏見もありますが、そのようなことは決して無いので覚えておきましょう。

Q.デリケートゾーンの臭いと黒ずみって関係ある?

雑菌が原因
デリケートゾーンの臭いと黒ずみには深い関係があります。臭いのほとんどの原因は雑菌の繁殖です。

VIOは通気性が悪くムレやすいので、ニオイ菌が繁殖しやすい状態にあります。
さらにIラインはアンダーヘアは毛量が多く密集しているので、臭いのリスクが高くなります。

ニオイが気になる人はデリケートゾーン専用クリームでのケアや、VIO脱毛でムダ毛を無くし、ムレを軽減することがオススメです。

デリケートゾーンの黒ずみは専用クリーム・石鹸でケア

デリケートゾーンの黒ずみはどの部位よりも厄介で、1日や2日で解消できるものではありません。

しかしデリケートゾーン専用のクリームや石鹸など、正しい方法でお手入れすると着実に改善されてゆき、黒ずみの予防も叶います!

VIO脱毛することで自己処理の回数を減らすと、デリケートゾーンの黒ずみ予防になります。

黒ずみ知らずのきれいな肌を手に入れましょう!

line@でオススメサロン・クリニックを10秒診断!

どこの脱毛クリニック・サロンがいいんだろう?と悩みますよね。

そんなあなたにオススメの店舗を教えます!

line@で簡単10秒診断できちゃいます。

自分にぴったりな脱毛プランを一緒に見つけましょう!

\ここだけのお得情報がたくさん!/クリニックサロンをLINEで10秒診断※上のボタンをタップすると
お友達追加画面が表示されます。

脱毛コラム へ戻る